事業紹介

物流システム

WMS(WarehouseManagenentSystem)倉庫管理システムの導入により、物流品質の向上を図ると同時に作業効率化と物流精度の改善を目指します。
また、得意先ニーズへの対応により、顧客信頼度の向上を図ります。

WMSの主な機能

 受注業務
EDI・オンライン受注をメインにFAX・電話受注もきめ細かく受注業務を実施
 発注業務
単品毎の商品管理システムに基づき、発注点管理による自動発注(オンライン・自動FAX)を実施
 入荷業務
無線ハンディターミナルによる入荷検品・鮮度管理を実施
 在庫保管業務
商品単品毎のロケーション管理を実施
 出荷業務
無線ハンディターミナルによる出荷作業・検品作業により精度の向上を図っている
 売掛/買掛管理
基幹システムの連動により得意先、仕入先様との自動照合を実地

中央配送センター

物流の拠点として大型物流センターを開設。低温食品管理など様々な顧客ニーズに対応した設備で、物流品質の向上を実現します。

3温度帯DCセンター

 構造
鉄骨造
 規模
地上3階建 ※本社事務所2階
 延床面積
1,675坪
常温庫 650坪、チルド庫 150坪、冷凍庫 100坪

一般食品出荷作業

日配デジタルピッキング

冷凍食品出荷作業

第2配送センター

特売商品を入出庫するための専用倉庫で、パレットのまま収納できる大容量のラックと、ケース単位で作業できる広い仕分け場が特徴。

常温TCセンター

 構造
鉄骨造
 規模
地上1階建
 延床面積
約850坪
常温庫 660坪